投資信託をするなら|キャッシュバックサービスなどを比較

女の人

株式を対象とした金融商品

お札

リスク商品は分散投資

株式を投資対象とした金融商品はリスクが大きいために、多くの銘柄に分散投資をしておいた方が安全です。分散投資を行う方法としては、投資信託を活用することがおすすめとなります。株式を対象とした投資信託では、ファンドマネージャーが多くの銘柄へ資産配分を行っています。そのため、投資信託を購入すれば、自動的に多くの銘柄への分散投資ができます。また、国内向けの投資信託だけでなく、海外向けの金融商品も購入しておくこともおすすめできます。海外向けの投資信託も同時に購入しておけば、世界各地域への分散投資が可能になるからです。なお、海外向けの株式を対象とした投資信託には、大きく分けて先進国向けと新興国向けの2つがあります。この両方をポートフォリオに組み込んでおくのがおすすめです。

時間の分散も必要

株式を投資対象とした投資信託を購入する上で注意する点は、一度にすべての金額を投資しないことが挙げられます。株式市場は景気変動や金融政策などによって、大きく上下に動く特徴があります。そのため、一度に投資信託を購入してしまうと高値掴みをしてしまう可能性が出てきます。したがって、投資信託を購入する際には、時期を分けて複数回に渡って買っていくようにするのがおすすめとなります。近年の金融商品は1回に1000円からなど、少額で購入することが可能になっています。そのため、資金を分けて投資することは難しくないと言えます。また、投資信託の購入方法としては、毎月一定の金額を積立てていく方法もおすすめです。積立て方式であれば、ドルコスト平均法が適用されるためにリスクを抑えられます。